50年安心タワー パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト

ミッドスカイニュース

No.421 中原区市民健康の森について

2020年6月4日

神奈川県における緊急事態宣言は解除され、中原市民館においても、6月1日から業務を一部再開しますが、当面の間、様々なイベントや各種学級は中止・延期となっています。例年ですと多くの区民が集まる「なかはらっぱ祭り」のご案内の時期ですが、今年は新型コロナウィルス感染症対策のため、中止となりました。

 

市民館の情報がないので、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、今回は「中原区市民健康の森」を紹介したいと思います。

 

不要不急の外出は控えていただいている状況ですが、「3密」に十分注意していただいた上で、「中原区市民健康の森」の散策はどうでしょう。

川崎市では、暮らしの中で実感できる緑の回復と創造に向けて、市民と行政の連携による緑化推進を目指し、中原区の南部に位置す

る「井田山」を市民健康の森にしています。

入口の案内板です。

 

市立井田病院の隣に位置する「井田山」は、海抜33m程のこんもりした山です。井田山全体はクヌギ、コナラ等の雑木林とカシの木の森があり、中原区では唯一の里山と称されています。

中に入ると遊歩道があります。

 

緑があふれ、池や小川の流れもあり癒される空間です。個人的には等々力緑地より好きです。例年ですと、初夏には「ホタル観賞会」が開催されますが、今年は中止となりました。

近くの井田伊勢台公園から

 

中原区に勤務して5年目となり、仕事の関係で区内のいろいろな場所に行きました。市民健康の森からちょっと足をのばした「井田伊勢台公園」からは、武蔵小杉の中心地が一望できます。最初にここからの風景を見たときは、高層マンションの雄姿に感動しました。今、この中の一角で働いていると思うと感慨深いものがあります。

 

何かございましたらお気軽にミッドスカイタワーに併設されている市民館にもお立ちよりくださるようお願いいたします。