50年安心タワー パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト

ミッドスカイコラム

No.181 ミッドスカイタワー設備パワーアップ その11 ゲストルーム改装 part2

2015年6月5日

前回に引き続きゲストルーム改装のレポートをいたします。

 

【ゲストルーム3】

●以前の様子

 

旧3_01 旧3_02

旧3_03 旧3_04
シンプルな作りのゲストルーム3でした。
改装後は一気に見違えます。
●改装後の様子

新3_01

新3_02

新3_03

新3_04
ご覧のとおり、一気にアジアンな雰囲気のお部屋に様変わりです。
【ゲストルーム4】
●以前の様子

新4_01 新4_04

新4_02 新4_03
●改装後の様子

新4_01

新4_02

新4_03

新4_04
シックで大人びた雰囲気の落ち着くお部屋に大変身です。
このゲストルーム4は、唯一4人で泊まれるお部屋ですので、来客が多い場合にぴったりです。
さて、今回の4部屋の改装には他にも秘密があります。
ひとつは防音性能の大幅向上。
以前のゲストルームは、隣接する共用施設・リゾートラウンジでの話し声が筒抜けになるほどの防音性の低さでした・・・
この防音性を今回の改装で、大きく向上させたのです。
具体的には
①カバー工法によるドアサッシの改良
ドアサッシ
これまではただの鉄扉でだったため、音が伝わりやすかったようです。
遮音性能の高いサッシをはめ込むことで、防音性が大幅アップです。
意匠性の高いダイノックシートを貼ることで、高級感も大幅向上。
②遮音シートの敷設
遮音シート
ただの壁に見えますが、裏側には鉛でできた遮音シートが敷き詰められています。
これにより、壁を通じての騒音は一気に軽減されました。
見えないところでも大きな変化が起こっているわけです。
もうひとつの大きな変化は、調湿建材エコカラットを使用したことです。
ゲストエコカラット01
ゲストエコカラット02
気付かなかった方の方が多いと思われますが、実はこれまで紹介してきた写真の中には、いたるところでエコカラットが使われているのです。
この建材の効力はなかなかのもので、実際に工事前と竣工後で何度も出入りした経験から言うと、明らかにじめじめ感が減っています。
夏の夜もこれで快適に休めるのではないでしょうか。
次回はゲストルーム改装の後日談をご紹介します。