50年安心タワー パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト

ミッドスカイコラム

No.381 12本目のタワマン一望ポイントはどこ?

2019年7月25日

武蔵小杉では2008年からのいわゆる「タワマン」(150メートル以上、容積率400%以上)が継続して建設されてきました。

このブログでは、これまでも全マンションを一望できるフォトスポットから撮影する企画を続けてきましたが、マンションの数が増えるにつれ、年々一望ポイントが少なくなってきました。

前回から2年の間に、更に2棟が竣工し、現在1棟が建設中。建設中のも含めると、合計12本のタワマンとなります。

今回は、丸子橋付近で一望ポイントを見つけました。

今後10年間に更に3本の建設が予定されています。15本すべてを見渡せる撮影ポイントはどこになるのかしら。

マンション名と販売時分譲会社(主幹事)は以下の通りです。
1 ザ コスギタワー:伊藤忠都市開発
2 イーストタワー:住友不動産
3 クラッシィタワー:住友商事
4 シティタワー:住友不動産
5 ミッド スカイ タワー:三井不動産
6 ステーション フォレスト タワー:同上
7 グランド ウィング タワー:同上
8 エクラスタワー:東急電鉄
9 コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(建設中):三井不動産
10 プラウドタワー:野村不動産
11 ザ ガーデン タワーズ イースト:三井不動産
12 ザ ガーデン タワーズ ウエスト:同上