50年安心タワー パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト

ミッドスカイニュース

No 358 武蔵小杉駅周辺帰宅困難者対策訓練~大地震発生に備え 今年も実施しました!~

2018年12月7日

7年前に発生した東日本大震災では、関東地方にも大きな被害が出ました。特に発災直後は、鉄道を中心とする公共交通機関が一斉にストップし、大混乱のなか大量の帰宅困難者が駅や周辺、幹線道路に溢れました。

JR南武線、横須賀線・湘南新宿ライン、東急東横線・目黒線が交差し、交通の要衝となっている武蔵小杉駅も例外ではありません。もしもの事態に備えて、今年も去る11月14日に、川崎市直下でマグニチュード7.3、中原区で震度6強の揺れを観測する地震が発生したとの想定で、区役所、消防署、警察署と鉄道各社、周辺商業施設や自主防災組織など多くの住民組織・団体が参加して、帰宅困難者対策訓練を行いました。

ミッドスカイタワーマンションの1、2階にある中原市民館も、多くの避難者を受け入れる帰宅困難者一時滞在施設として訓練に参加し、大切な役割の一端を担いました。

武蔵小杉駅自由通路に集合し、向坂中原区長(写真奥中央)の訓練開始宣言に気を引き締める参加者

指さし文字や絵図を記載した地図や、手話により避難方法の説明を受ける難聴者役の参加者

協力して車椅子利用者を、安全に東口駅前歩道の混雑緩和スポット、そして一時滞在施設の中原市民館へ誘導する参加者

中原警察署員の誘導で、信号機の明かりの消えた横断歩道を渡る滅灯訓練
中原市民館正面の波紋の広場付近で、中原警察署員から災害時の道路横断などの注意点について説明を受ける参加者
一時滞在施設である中原市民館に到着し、多目的ホールに続々と集まる参加者
多目的ホールで、災害時の「外国人への対応」と「聴覚障害者への対応」についての講義に耳を傾ける参加者