50年安心タワー パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト

ミッドスカイニュース

No 343 花火大会のご紹介~武蔵小杉からアクセスが良い場所編~

2018年8月17日

我が家の夏の風物詩と言えば、なんといっても多摩川の花火大会です。
ミッドスカイタワーの屋上スカイテラスから花火大会をご覧になっている方も多いかと思いますが、
私たちは毎年打ち上げ場所の真下に陣取って、迫力満点の花火を楽しんでいます。

長年8月に開催されてきた多摩川花火大会ですが、近年、集中豪雨や落雷が多発するようになったため、
安全・安心を優先して、今年から秋の開催に変更されたそうです。
確かに、8月は台風シーズンであることに加えて、最近ではゲリラ豪雨などのリスクも高く、
昨年は落雷でけが人も出たということでしたので、賢明な判断かとも思います。

ちなみに少し調べてみたところ、想定以上に秋開催の花火大会が開催されていることがわかりました。
武蔵小杉から比較的アクセスが良い場所だけを並べてもこんなにあります!
────────────────────────
09.17(月・祝)熱海海上花火大会(JR熱海駅/ルート案:乗換1回 乗車1時間25分)
09.29(土)北区花火会(JR赤羽駅/ルート案:乗換1回 乗車30分)
10.06(土)他 花火シンフォニア(シーサイドライン八景島駅/ルート案:乗換2回 乗車39分)
10.13(土)川崎市制記念多摩川花火大会(東急田園都市線二子新地駅/ルート案:乗換1回 乗車15分)
10.13(土)世田谷区たまがわ花火大会(東急大井町線上野毛駅/ルート案:乗換1回 乗車11分)
10.13(土)燃えよ!商工会青年部!! こうのす花火大会(JR鴻巣駅/ルート案:乗換0回 乗車1時間13分)
10.20(土)ふじさわ江ノ島花火大会(小田急片瀬江ノ島駅/ルート案:乗換1回 乗車37分)
10.27(土)映画のまち調布“秋”花火2018(京王相模原線調布駅/ルート案:乗換1回 乗車25分)
10.27(土)湯河原温泉会場花火大会(JR湯河原駅/ルート案:乗換1回 乗車1時間30分)
10.28(土)追浜 海の花火大会(京急追浜駅/ルート案:乗換1回 乗車47分)
────────────────────────

もちろんミッドスカイタワーからは、多摩川の花火大会が
世田谷区側/川崎市側とも圧倒的なアクセスの良さを誇りますが、
少し足を伸ばせば、各地の花火大会を楽しめることがわかり、なんだかワクワクしてきました!

ちなみに、既に終了している大会についても、来年以降のために、
アクセスが良さそうなものをピックアップしてみました。
────────────────────────
06.01(金)逗子海岸花火大会(JR逗子駅/ルート案:乗換0回 乗車39分)
06.02(土)横浜開港祭花火大会(東急東横線横浜駅/ルート案:乗換0回 乗車14分)
07.14(土)久里浜ペリー祭花火大会(JR久里浜駅/ルート案:乗換0回 乗車1時間6分)
07.24(火)鎌倉花火大会(鎌倉駅)(JR鎌倉駅/ルート案:乗換0回 乗車35分)
07.28(土)立川まつり国営昭和記念公園花火大会(JR立川駅/ルート案:乗換0回 乗車43分)
07.29(日)隅田川花火大会(都営浅草線浅草駅/ルート案:乗換1回 乗車28分)
08.04(土)サザンビーチちがさき花火大会(JR茅ヶ崎駅/ルート案:乗換0回 乗車36分)
08.04(土)市川市民納涼花火大会(JR市川駅/ルート案:乗換0回 乗車38分)
08.04(土)よこすか開国祭開国花火大会(京急横須賀中央駅/ルート案:乗換1回 乗車39分)
08.04(土)江戸川区花火大会(都営新宿線篠崎駅/ルート案:乗換1回 乗車50分)
08.04(土)いたばし花火大会(都営三田線高島平駅/ルート案:乗換0回 乗車1時間4分)
08.11(土)神宮外苑花火大会(東京メトロ北参道駅/ルート案:乗換0回 乗車23分)
08.11(土)東京花火大祭~EDOMODE~(りんかい線東京テレポート駅/ルート案:乗換1回 乗車20分)
08.18(土)鶴見川サマーフェスティバル 鶴見川花火大会(JR鶴見駅:乗換1回 乗車16分)
08.18(土)相模原納涼花火大会(JR淵野辺駅:乗換1回 乗車37分)
────────────────────────

ミッドスカイニュースの以前の記事を参照すると、
武蔵小杉は乗り入れ路線を含めて21路線を利用できるとのこと。
これまで遠いように感じていた場所も、実は意外と簡単にアクセスできるのかもしれません。
当然、実際は乗車している以上に時間がかかるものですし、
花火を観るとなれば最寄り駅から混雑の中を歩くことになるでしょうが、
いつか、いろいろな花火大会も見てみたいな… という気持ちになりました。

尚、今回様々な花火大会について調べている際に、
神奈川新聞花火大会が2016年を最後に、当分の間開催が休止になったことを知りました。
メイン会場のみなとみらい地区の開発が進む中、安全上の理由から休止が決まったとのことでしたが、
主催である神奈川新聞が発表した挨拶文では、一部の観覧客の観覧マナーが悪いことにも触れられていたそうです。
各地の花火大会がこれからも末永く継続していくよう、
観覧マナーはきちんと守っていきたいものだと思いました。