50年安心タワー パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト

ミッドスカイニュース

No 325 MST防災デーが近づいています!

2018年4月10日

MSTでは約1年半に1回のペースで「防災デー」という防災イベントを開催しています。マンションの住民が居住階、そして5フロアごとにまとまったブロック階ごとに安否確認などの防災訓練を実施し、無線の交信方法や防災設備の使い方などを改めて確認する他、避難器具の体験会など毎回様々な防災イベントが行われます。

そして来る4月22日(日)、第4回目となるMST防災デーが開催されます!
今回は従来の安否確認に加えて、けが人の搬送訓練が実施される予定とのこと。歩くことができない外傷を負った要救助者を発見し、救助用器具(レスキュー・キャリーマット:非常用応急担架)を使って搬送する、という訓練で、我が家からも主人が要救助者役で参加させていただくそうです。大人をマットで搬送するのは、意外と力が要りそうですね。なかなか経験できないことなので、私もふるって参加したいと思っています。

安否確認訓練時、居住階エレベーターホールに参集できない方は、玄関ドア外側への「無事ですマグネット」の掲示をお忘れなく!

 

MSTは制震構造・自家発電設備など構造的な防災対策の他、前述の「防災デー」の実施をはじめ、各住居階に災害時に必要な備品を備えた防災キャビネットを設置したり、共用部のトイレを防災対応にするなど、理事会・防災委員会を中心に様々な形で積極的な施策が行われていて、2011年には川崎市の「高層集合住宅の震災対策に関する整備基準」の適合第1号として認定されたマンションです。
そして、ハード面での備えはもちろん、なによりも私たち住民の防災に対する関心と意識、そして日々の生活から災害に備える気持ちが大切ですよね。東日本大震災を経て、より切実な思いで防災デーに参加される方も多いと思います。

なお、防災訓練後に開催される「ライフフェスタ」では、ガラポン抽選会やメイクセラピー、新鮮野菜の販売会なども行われる予定だそうですので、こちらも楽しみです!